まだ諦めきれない・・・

まだ諦めきれない・・・

大阪の未来を賭けた大阪都構想の2度目の住民投票は
またもや反対多数で否決されてしまいました。
本当の民意であれば諦めもつきますが
めちゃくちゃな街頭活動で正直怒りの方が大きいです。
ルールも約束も守らない人の掲げる未来に何を期待できるのでしょうか?
しかし「大阪を応援」するOneDay大阪としては
まだまだ諦めきれない・・・
国の対応で宙ぶらりんになったままのIR計画も
未来を感じさせてくれそうな関西万博もどうなってしまうのか?
不安でいっぱいでも、やはり諦め切れない。
前回同様、「やれるもんならやってみろ」とマイナスの期待通り
大阪会議をボイコットした反対派に何ができるのか・・・
プラスの期待はできないし、マイナス予想図しか描けません。
見るに見かねてというのはそうそう何度もチャンスがある訳じゃない。
今は不安でいっぱいだけど、少しずつ浮上して引き続き大阪を応援していきます。
大阪都構想可決を応援してくださった多くの皆様、
本当にありがとうございました。

あと1週間

あと1週間

大阪都構想の住民投票まであと1週間となりました。
期日前投票を済ませた方もいらっしゃるかと思います。
我が家でも期日前を・・・と思いつつ、
なかなか都合が付かず、
あっという間に残り1週間となってしまいました。

期日前開始と同時にますますデマや妨害活動が激しくなっています。
そもそも大阪市民の賛否を問う住民投票なのに何故?という思いがさらに強くなっています。
投票を行う人はチラシやメディアやネットから得た情報は
必ず真偽を確かめるようにしてくださいね。
ネットの誘導活動も激しくなっていますので、
時系列や情報の出処などもしっかりと調べるようにしてください。

私自身は大阪都構想は大阪の未来の為にも絶対に可決するべきと考えています。
個々色々な事情で賛成、反対を考えているかと思います。
ただ「不安だから反対」というのは阻止したい側からは思うツボです。
何が不安なのか、その不安は都構想では解決できないものなのか、
逆に大阪市なら本当に不安じゃないのか、
一方通行な考えに陥ることなく考えてみてくださいね。
少しでもたくさんの方が投票所に足を運んでくださることを願います。

5年前、住民投票前日の演説

5年前、住民投票前日の演説

大阪都構想の住民投票までいよいよ20日となりました。
前回同様、大阪都構想を阻止を掲げている反対派からは
デマを含めた批判が飛び交っています。
前回と違うのは都構想反対派には対案がないこと。
前回は大阪会議という都構想に変わる大阪の発展に向けた対案がありました。
しかし、都構想否決後、大阪会議は提案者たちによってボイコット、
「対案すらデマだったのか〜!」と思わざるを得ない状態でした。
今回はそんな建前の対案すらない状態での住民投票で、
投票権を持つ大阪市民は一体何を見て考えて投票をすれば良いのでしょうか?

まずは5年前の大阪都構想の住民投票時の橋下徹氏の演説を見直して
なぜ大阪都構想が必要だと思うかを見直してみようと思います。
前回の住民投票はまだ投票権がなかった人はぜひ一度見てください。
今の大阪はこの情熱によって変化し、支えられていると私は思っています。

大阪都構想特設ページ

大阪都構想特設ページ

大阪都構想特設ページ

11月1日、大阪都構想の住民投票が行われる予定です。
前回、2015年5月17日の住民投票では惜しくも反対票が賛成票を上回り否決、
大阪都構想は廃案となりました。
しかしその後、自民党を始め各野党が対案として提出された大阪会議が
破綻したことで、再度都構想が浮上、再挑戦を賭けたW選挙で維新が勝利し、
今回の都構想の為の住民投票実施へ進む事となりました。


大阪市民にとっては未来の方向を決める大切な投票になります。
必ず投票するようにしましょう!

大阪都構想参考サイト